第21回 七里ガ浜発七ヶ浜復興支援隊「ビーチクリーン」

第22回 七里ガ浜発七ヶ浜復興支援隊 ~七ヶ浜@宮城 ~の様子 七七支援隊 活動の記録

残っている桜の花びらと、芽吹きはじめた新緑が交じり合う七ヶ浜。
2013年4月28日、第22回目となる七里ガ浜発七ヶ浜復興支援隊の活動が行われました。

ゴールデンウィークと重なり高速道路の渋滞が心配されたものの、前日深夜に鎌倉を出発した夜行バスは順調に走ることができたようです。
早朝6時、名取市イオンモールの駐車場で開かれている『閖上朝市』に立ち寄りました。
震災後からイオンモール駐車場で開催されていた朝市は今回が最後となり、来週5月4日から閖上港で再開されるそうです。
2年以上かけて、ようやく元の場所に戻ることができたのです。


その後、七ヶ浜町菖蒲田海岸に移動し、地元のサーフショップ「マティーズ」主催のビーチクリーンに参加。強く冷たい風が吹く中、町内外から集まってきた大勢の参加者に支援隊約50名が加わり、総勢100名近くが砂浜に打ち上げられたり、未だに残っている細かいプラスチック廃材や木材などを拾い集めました。

やってもやってもなくならないかもしれません。
しかしやればやっただけ、確実に海や砂浜が綺麗になっていきます。
この活動が、きっと将来実を結ぶ日が来るはずです。


七ヶ浜町ボランティアセンターは規模は縮小してしまったものの、現在も(不定期で)ボランティア参加者を受け入れ、町内での活動を継続しています。

昨日の参加者は50名ほどだったそうですが、この日は個人参加者を含め100人以上のボランティアが、チームごとに田んぼのガレキ除去や足湯サービスなどに別れて活動しました。
支援隊の大部分は田んぼのガレキ除去作業チームに加わり、細かい小石などをフルイにかけて取り除きました。
この後に行われる除塩作業のために必要な作業です。

野外活動センター仮設住宅と第2スポーツ広場仮設住宅に作った「七七畑」の土おこしと種まき、苗の植え付けも別チームが行いました(支援隊独自の活動です)。

またこの畑で収穫された野菜を使って、芋煮ができるといいですね。

お疲れさまでした。

(仮設住宅集会場で行われた石原軍団の活動は、明日ご紹介します)

/* ----- 七ヶ浜 – 宮城 – 2013-4-28 – Nikon D700 ----- */