鎌倉市と七ヶ浜町のパートナーシティ提携

鎌倉市と七ヶ浜町のパートナーシティ提携の様子七七支援隊 活動の記録

七ヶ浜町民夏まつり会場の七七巻屋台の周りには、「支援隊の人たち」や「七里(七里ガ浜)のみんな」にわざわざ会いに来られる七ヶ浜の方々が大勢集まっています。

ボランティア活動の現場や、仮設住宅でのお茶会、七七畑での作業、秋の芋煮会などでお話した方、そして「おでかけデー」などで鎌倉ツアーに来てくれた人などなど。
屋台裏で、七七巻の仕込みを手伝ってくれている方もいました。
鎌倉と七ヶ浜の距離を感じさせません。
今までの活動と交流があってこそです。

そんな鎌倉市と七ヶ浜町は、「パートナーシティ提携」を結ぶことになりました。
パートナーシティ提携とは、


お互いの民間団体同士が交流を進めている都市と特定の分野に限定した提携を行うことで、国内外のより多くの都市との気軽な交流を可能にするとともに、市民主体の自主的な交流を促進することを目的とした、新しい形の都市提携です。(鎌倉市ホームページより

会場のステージで松尾鎌倉市長からのメッセージが代読され、七ヶ浜町渡邉善夫町長と七七支援隊代表の中里氏による提携書交換が行われました。

市民レベルの人と人との繋がりがきっかけとなり、自治体同士の協力関係が生まれたわけです。
今後もこれまで通りの支援・交流活動を通して、人と人との温かい関係を続けていきたいですね。


『松尾鎌倉市長のメッセージ』
七ヶ浜町長渡邉善夫様謹啓、残暑の頃、渡邉町長様をはじめ七ヶ浜町民の皆様方におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。東日本大震災という未曾有の大災害から3年を過ぎましたが、復旧・復興に向けて、ご尽力の日々が続いておられるものと思います。

ここにあらためて、震災でお亡くなりになった方々ご冥福をお祈りするとともに、被災されました方々に謹んでお見舞い申し上げます。
この度は、貴町と本市の「七里ガ浜」という、似かよった地名を端緒とした縁によるパートナーシティ提携にご賛同を賜り、大変嬉しく思っております。
復旧支援を始まりとして、貴町と本市の両市町民の強い絆が生まれ、様々な交流が継続的に行われておりますことは、大変素晴らしいことであり、これからも未来に向かって、これらの交流が更に発展していくよう、パートナーシティ提携を結ばせていただきます。

貴町における復旧・復興とともに、まちづくり交流を通して今後とも両市町民の友好発展が図られますよう、宜しくお願い申し上げます。
町長様をはじめ貴町民の皆様方のご健康と、一日も早い町の復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

敬白平成26年8月9日

鎌倉市長松尾崇



『鎌倉市と七ヶ浜町におけるパートナーシティ提携書』
鎌倉市と七ヶ浜町は、共に豊かな自然に恵まれ、日本を代表する景勝地を有する都市であります。
このような共通性を有する両自治体が、東日本大震災への復興支援を契機とし、都市景観・まちづくり分野において、今後一層の交流と協力が促進され、両市町住民間の友情が深まることを願い、パートナーシティ提携を行います。
今後、鎌倉市と七ヶ浜町はこの分野において交流と協力が最大限促進されるよう努めるものとします。

/* ----- 七ヶ浜町 – 宮城 – 2014-8-9_17:50 – Nikon D700 ----- */