晴れた日曜の午後 ~ 七ヶ浜・宮城 ~

晴れた日曜の午後 ~ 七ヶ浜・宮城 ~の様子七七支援隊 活動の記録

午前中の吹雪のことなどすっかり忘れてしまった。

まだ空気は冷たいけれど陽のあたる場所にいるとやんわり暖かい。
澄んだ青空には雪雲から置いてけぼりにされたような雲が所在なげに漂っていた。

七ヶ浜町の野球場では少年野球の練習が行われていた。
ユニフォーム姿の小さな子どもたちが白いボールを追いかけている。
近くには世間話をしながらそれを見守るお母さんたちがいる。
時折元気の良い声がこちらまで届く。
レフトスタンドの向こうには茶色い小山が見える。

その上には町中から集められた産業廃棄物が積み上げられている。
ここからだととても小さくチリのように見えてしまう。
その場所はもともと町の第2スポーツ広場として使われていた場所だ。
今立っている第1スポーツ広場は仮設住宅が並んでいる。

まだ少し桜には早いが、春の初めの晴れた日曜日の午後の風景だ。


日没間近の菖蒲田浜が左奥、ずっと向こうの方に見える。

七ヶ浜国際村の屋上からの眺めだ。
浜の手前に自動車が何台も並んでいる。
廃棄された車が集められている場所だ。
正面には何本かの大きな煙突。
昨年の震災の地震と津波、それにより発生した火災による被害で1年近く操業・生産を停止していた新日本石油精製仙台製油所は、2012年3月9日から操業を再開している。

夕焼けが、西の方から流れてくる雲を茜色に染めていた。ちょっとだけ寂しくなる、日曜日の夕暮れの風景だ。

2012-4-7_17:27

/* ----- 七ヶ浜 – 宮城 – 2012-4-7_15:52 – Nikon D700 ----- */