七里ガ浜夏祭り 1「今度は七里で七七巻」

七里ガ浜夏祭り 1「今度は七里で七七巻」の様子 七七支援隊 活動の記録

先週、宮城県七ヶ浜町で開催された「復活!2012年 しちがはま町民夏まつり」にて大好評を博した「七七巻(しちしちまき)」。
鎌倉のしらすと七ヶ浜で作られた海苔を使った七七巻が、遂に鎌倉に登場しました。

2012年8月18日、19日の2日間に渡り七里ガ浜桜のプロムナードにて行われた「第35回七里ガ浜夏祭り」。
普段は静かな桜並木の遊歩道が町内の住民それぞれが運営する屋台テントで埋め尽くされ、2日間で2~3,000人(推定)が来場する、自治会主体としてはかなり大きな規模の夏祭りです。

その中の一角、七里ガ浜発 七ヶ浜復興支援隊のテントにて東北の物産とともに七七巻が販売され、最初の出足は鈍かったものの2日間で1,000食分が完売するほどの人気でした。
子供からお年寄りまで受け入れられる味であり、夏祭り会場で販売されているビールやカクテルなどにも合う、お祭り屋台向けにぴったりの食べものなんですね。

今年3月に鎌倉プリンスホテルで行われた震災復興イベント以来、七ヶ浜町から2度めの来鎌となったパーカッショングループ「Groove7」のメンバーが、支援隊テントにて販売されていた「七七Tシャツ」を着てステージで演奏、宣伝もしてくれたお陰でTシャツもほぼ完売しました。
実演販売の効果は強力ですね。

というわけで次回は「Groove7」ステージの様子を紹介します。

グルーブ7のメンバ

七里ガ浜夏祭り2012・・他の記事は、
今度は七里で七七巻
Groove7ライブ in 七里ガ浜
七里ガ浜のどっこい
神輿の灯り
こどもおみこし

/* ----- 七里ガ浜 – 鎌倉 – 2012-8-18_19:38 – Nikon D700 ----- */